ゲームぐらし

ゲームソフト、ゲーム機種情報、
ゲーム企業のニューススレなどを
まとめ記事にして投稿していきます

    カテゴリ:メーカー関連 > バンダイナムコ



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/06/11(火) 01:23:22.625 ID:Gdp+Nlr6K.net
    エターニア未プレイだけどキャラの魅力高いな
    顔面はともかく


    【【懐】ワイ、TOWレディアントマイソロジー3にハマりまくるw】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2022/08/23(火) 15:07:44.33 ID:cK+OQyMo0.net
    かつてはコナミとセガが肩を並べて五大だった


    【【ゲーム雑談】日本の3大ゲーム会社といえば? ワイ「スクエニ!」「カプコン!」「バンナム!」】の続きを読む




    1 名無しさん必死だな :2022/06/11(土) 13:24:56.49 ID:mX3rOF1Qd.net
    次世代ハードウェアによる計画の延期
    当初の計画は2020年にテイルズオブアライズをリリースすることでしたが、実際、開発はその当初のスケジュールに間に合うようにほぼ完了しましたが、ゲームは2021年9月にリリースされました。

    さて、2020年に、開発者は次の次世代コンソールをサポートする必要性について話し合っていました。つまり、Xbox Series X |SとPlayStation5です。彼らは、これらのコンソールがテイルズオブアライズの不可欠なポイントであると感じました。大規模なタイトルだったので、バンダイナムコではいつリリースすべきかということで何度も行き来していました。

    そして、池上翔二がプロジェクトに参加したのはその時です。現世代のバージョンと同時に次世代バージョンを開発することは不可能だったので、彼はそれを行うための特定のチームを作成しました。

    全体として、特に現在の世代のバージョンが次世代のリリースよりも大幅に劣っていないことを確認しながら、グラフィックスを強化するという非常に高い順序で行うのは困難でした。それでも、疲れていたものの、開発チームは固執し、彼らがその決定を進めたことに本当に満足しています。

    (中略)

    次世代バージョンの開発中に、問題が発生しました。問題の1つは、Ariseに使用されたゲームエンジンであるUnrealEngineにありました。それは素晴らしいものであり、いくつかの肯定的な特徴を誇っていますが、多くの予期しない障害がありました。

    1つは、現世代と次世代のリリースで使用されているエンジンのバージョンが大きく異なることです。したがって、開発者は、ゲームが両方のバージョンで、妥協することなく動作することを確認する必要がありました。第二に、複数のプラットフォームでのタイトルの同時リリースには問題がありました。PCバージョンでは問題ありませんが、コンソールの反復は品質を固めるのがより困難だったためです。(各PCシステムは独自の方法で「一意」ですが、コンソールはそうではありません。)


    【【メーカー】バンナム「テイルズオブアライズは発売予定を一年延期した」】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2022/05/12(木) 12:30:39.68 ID:jmFO5co/M.net

    1340万本←3倍以上wwwwwwwwwwwwww





    【【ヤバい】バンナム「エルデンリング400万本出たら良い方やな」→とんでもない事に…】の続きを読む



    1 ナガタロックII(SB-iPhone) [US] :2022/05/11(水) 16:37:05 ID:LVw4eUik0●.net BE:128776494-2BP

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif

    (出典 i3.gamebiz.jp)


    バンナムHD、22年3月期の決算は営業益48%増の1254億円 『エルデンリング』が予想を大きく上回る出荷 玩具や映像音楽、AM事業も好調
    2022.05.11

    バンダイナムコホールディングス<7832>は、5月11日、2022年3月通期の連結決算を発表し、売上高8892億7000万円(前の期比20.0%増)、営業利益1254億9600万円(同48.2%増)、経常利益1336億0800万円(同52.5%増)、最終利益927億5200万円(同89.7%増)と大幅増益を達成した。

    ・売上高:8892億7000万円(同20.0%増)
    ・営業利益:1254億9600万円(同48.2%増)
    ・経常利益:1336億0800万円(同52.5%増)
    ・最終利益:927億5200万円(同89.7%増)

    従来の業績予想を上回る着地となった。売上高9.7%、営業利益30.7%、経常利益34.9%、
    最終利益38.4%と利益予想は大幅な上ぶれとなった。この要因について、
    『ELDEN RING(エルデンリング)』が2月8日時点で見込んでいた出荷本数を大きく上回る実績となったため、としている。

    https://gamebiz.jp/news/348915



    【【メーカー】バンナム エルデンリングなどの売れ行き好調! 売上高8890億円】の続きを読む

    このページのトップヘ